紫外線をなかったことにする栄養素

紫外線をなかったことにする栄養素

紫外線を浴びると体の中で活性酸素が発生します。
活性酸素というのは人間の体を錆びつかせる老化の素。
もちろんシミ&シミ予備群も大量に発生します。

思いがけず、紫外線をたくさん浴びてしまった日は
スキンケアももちろんですが、内側からもケアしておくと”被害”を最小限に抑えることができます。

活性酸素を抑える栄養素

憎っくき活性酸素を抑制する効果がある栄養素は、
ビタミンA、C、Eの3つです。

ビタミンAはほうれん草、人参、うなぎなど
ビタミンCはブロッコリー、赤パプリカなど
ビタミンEは玄米、たらこ、ナッツ類など。

これらをできるだけいろんな食材から摂るようにしましょう。
ほうれん草だけ食べるより、人参もうなぎも、そして他の栄養素も複数同時に摂った方が
体内で効果的に働いてくれるからです。

また、これらの栄養素はシミだけではなく
過剰な皮脂を抑えたり、血行を良くするなど
アンチエイジングやたるみ・しわ、ニキビ、毛穴の開きなどにも
良い効果があります。

あなたが食べるもので肌状態は決まります。
頑張っていろんな食材を摂るようにしてくださいね。

ただしここでちょっと慌ててしまうお話を一つ。
美白効果があると言われているビタミンC。
なんと摂る時間帯によってはかえってシミを増やしてしまうことがあるのです。
よく朝食でいただく、キウイ・オレンジ・レモンなど。
これらを朝に食べ過ぎると紫外線の影響を受けやすくなります。

原因はソラレンという物質。
肌が紫外線に敏感になるのでシミができやすくなってしまうんですね。
そうさせないためには夜にオレンジなどのフルーツを摂るようにしてください。
ソラレンは数時間たつと排出されていきますから。

浴びてしまった紫外線を
できるだけなかったことにしてくれる栄養素たち。
摂り方やバランスなど少し気を使わなくてはいけませんがこれもすべて美肌のため。
できることから始めてみませんか?


»
«